悪質な代理店に注意!チャットレディはマイナンバーが必要? | チャトレのお役立ちコンテンツチャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。

  • 新宿への電話応募
    0120-005-761

悪質な代理店に注意!チャットレディはマイナンバーが必要?

悪質な代理店に注意!チャットレディはマイナンバーが必要?

チャットレディを始めるときってマイナンバーが必要なの?

チャットレディという仕事柄、ライブチャットサイトの運営会社や代理店などに「個人情報をあまり知られたくない」という女性は多いです。こういう仕事だからこそ、できるだけ秘密裏に働きたい人は多いと思います。

しかし、この仕事をするのなら個人情報がわかる身分証明証の提出は絶対に必要になります。年齢確認をするために絶対に必要になるものなので、身分証明証は必ず提出するようにしましょう。

では、マイナンバーはどうなのでしょうか。この記事では、「チャットレディはマイナンバーの提出は求められるのか?」という部分を紹介していきたいと思います。また、「マイナンバーから本業の会社にバレるのか?」ということについても同時に解説していくので、こちらも参考にしてみて下さい。

チャットレディとマイナンバーについて|まずマイナンバー制度を知ろう

比較的新しい制度であるマイナンバー制度。この記事を見ている人の中には、もしかしたら「マイナンバー制度ってなに?」と思っている人もいるかもしれません。

ここでは、まずマイナンバー制度について簡単に紹介していきたいと思います。

2016年に導入された新しい制度

「便利な暮らし、より良い社会」を目指すために始まったマイナンバー制度。国民一人ひとりに12桁の個人番号が与えられるというもので、これによりいくつかの情報を一括で管理できるようになりました。

導入までは、「政府に監視されているようで嫌だ」という声もありましたが、2016年にマイナンバー導入にいたりました。

しかし、マイナンバーは導入されても、これに付随するマイナンバーカードの普及率は低く、制度自体は浸透されていても、まだまだ課題は多いものです。また、マイナンバーの取り扱う側にも課題があり、マイナンバーの流出が問題になったりしています。

税や社会保険や災害対策で使われる

マイナンバー制度は、税や社会保険、さらには災害対策で使う目的でスタートした制度です。「税金をしっかり納めているか」という確認、社会保険加入の簡素化、災害での身元確認のために使うために始まりました。

チャットレディをするのなら、税や社会保険の際にマイナンバーに関係する手続きが必要になることもあります。

チャットレディをするならマイナンバーは提出したほうがいい?

チャットレディをする女性にも関係あるマイナンバー。この仕事を始める際に提出する必要はあるのでしょうか。

ここでは、チャットレディとマイナンバーの関係について紹介していきます。

チャットレディはマイナンバーの提出は不要

基本的には、チャットレディを始める際にマイナンバーを提出することは求められません。

先ほど紹介した通り、年齢などがわかる身分証明証の提出は必須です。しかし、マイナンバーの提出は求められないところがほとんどです。

また、会社勤めをしている人は源泉徴収される際にマイナンバーが必要になりますが、チャトレは業務委託の個人事業主として働くことになります。そのため、収入を受け取る際にもマイナンバー提出は不要です。

確定申告のときはマイナンバーが必要になる

個人事業主として働くからこそ、一定の所得を得たのなら確定申告をする必要があります。チャットレディをするなら、この際にマイナンバーが必要になります。

確定申告書にはマイナンバー記載欄があるので、こちらには記載しなければなりません。

しかしこれは、税務署にマイナンバーを伝えるものなので、ライブチャットサイトの運営会社や代理店にマイナンバーを知られることはありません。

社会保険に入るときに必要になることも

チャットレディは基本的には個人事業主として働くことになります。そのため、会社が用意する社会保険などには加入することはありません。

しかし、中にはチャットレディを正社員として採用する代理店もあります。加入する社会保険を用意してくれるところもあり、この際にはマイナンバーが必要になってきます。

もし、社会保険に加入させてくれる代理店に登録したのなら、マイナンバーを提出するようにしましょう。

チャットレディはマイナンバーで副業がバレるって本当?

チャットレディを副業として働いている人の中には、本業の会社に内緒にしながら働いている人も多いです。

副業でも一定の金額を稼いだのなら確定申告は必要です。先ほど紹介した通り、確定申告書にはマイナンバーを記載する項目があり、「これが原因でバレるかも」と感じる人もいるでしょう。

しかし、マイナンバーから副業がバレることはありません。この部分は安心しても問題ないです。

その後の住民税の納め方で副業がバレることもある

マイナンバーからは副業はバレませんが、その後の住民税の納め方で副業がバレる可能性もあります。

住民税には、『普通徴収』と『特別徴収』という2つの納め方があります。普通徴収は自分で住民税を収める方法で、特別徴収は働いている会社の給料から住民税が天引きされるというものです。

このときに、特別徴収を選んでしまうと、会社の給料から副業分の住民税も天引きされてしまい、会社の経理から不審がられてしまいます。本来収めるべき会社の住民税より多くなるので、副業をしていることがバレてしまうのです。

住民税を収めるときは、自分で収める普通徴収を選ぶようにして下さい。この納め方は確定申告書で選ぶことができます。「会社に副業をバレたくない」という人は、普通徴収で収めるようにしましょう。

必要ないのにチャットレディにマイナンバーを求めてくる代理店もある

チャットレディのサポートを行うために存在する代理店。この代理店の中には、必要ないにも関わらずマイナンバーを求めてくるようなところもあります。

なぜ、不必要なマイナンバーを求めてくるのでしょうか。ここでは、「必要のないマイナンバーをなぜ求めてくるのか?」という部分を解説していきたいと思います。

必要が無いのにマイナンバーを求めてくるところは悪質な代理店が多い

マイナンバーを提出する必要がないにも関わらず、登録する際にマイナンバーの提出を義務付ける代理店は、悪質な代理店がほとんどです。

このような代理店は、少しでもチャットレディの個人情報を知りたがります。仮に、そのチャットレディが代理店を辞めたいとなったときに、「こっちが知ってる個人情報をバラすぞ?」と脅しをかけてくるのです。

提出したマイナンバーは主にこのような脅しのために使われることがほとんどです。

マイナンバーを求めてくる代理店は避けるのがおすすめ

先ほど紹介した通り、社員として社会保険に加入させるためにマイナンバーを求めてくる代理店には提出しても問題ありません。しかし、マイナンバーを提出する必要がないにも関わらず求めてくる代理店は、できるだけ避けるようにしましょう。

このような代理店は、チャットレディに対してのサポートは一切してくれません。出勤を強要されることもありますし、辞めたいときにも辞めさせてくれないでしょう。

劣悪な環境で働くことになるので、このような代理店は避けるようにして下さい。

チャットレディがマイナンバーについて知りたいならこの代理店がおすすめ

チャットレディをしていると、マイナンバー以外にも複雑な手続きが存在します。特に、確定申告はこれまで会社員をしていた人にとっては未知の領域で、苦労することが多くなります。

「自分でこれらの手続きができるか不安」だと言う人は、チャットレディの代理店に登録するのがおすすめです。チャットレディAlice新宿という代理店では、マイナンバーについてもわかりやすく説明してくれますし、確定申告のサポートもしています。

先ほど紹介した住民税の納め方も丁寧に解説してくれるので、副業チャットレディにもおすすめです。また、家族の扶養に入っている人は扶養の範囲内で働けます。扶養についてもアドバイスも受けられるので、「いつの間にか扶養条件以上の額を稼いでいて、扶養を抜けなければならない」ということもないでしょう。

チャットレディAlice新宿では、他にもチャットレディに対して多くのサポートを用意しています。「丁寧なサポートを受けながら働きたい」という人は、是非こちらの代理店を選んで働いてみて下さい。

2022年1月11日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP

メールで応募