意外と簡単!チャットレディの確定申告のやり方を紹介 | チャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


意外と簡単!チャットレディの確定申告のやり方を紹介

意外と簡単!チャットレディの確定申告のやり方を紹介

チャットレディの確定申告のやり方とは?

チャットレディの仕事も、売り上げが発生すれば確定申告が必要になりますが、「確定申告のやり方が分からない」という女性は少なくないでしょう。
簿記の用語や法律の知識が関わってくることから、難しそうだと感じる人も多いと思います。

ですが、確定申告のやり方は、そこまで思っているほど難しくはなく、むしろ簡単です。
知識がほとんどなくても確定申告はできるので、その方法を解説します。

加えて、正しく節税するために知っておくべき、必要経費控除の内容についてもご紹介。
チャットにおいては、意外なものも実は経費にできたりするので、目を通してみてくださいね。

チャットレディの確定申告が簡単になるやり方

チャットレディは、自分で確定申告を行わなければいけないので、やり方についても自分で調べることが必要です。

会社員が、医療費控除地震保険料控除などを受けるために確定申告する時は、源泉徴収票が発行されますが、チャットレディの場合は必要書類が異なります。
書類だけでなく、計算や納税まで自分で行わなければいけないことから、難しく感じているのではないでしょうか。

さらに、個人事業主と聞くと、青色申告のイメージがあることから、「複式簿記をしなければいけないのかな?」と一層面倒に感じてしまうと思います。

ですが、簡単に確定申告を済ませることに着目してやり方を考えれば、かなり簡単にしてしまうことも可能になるのです。
では、確定申告を簡単にするにはどうしたら良いか、2つ紹介します。

白色申告を選択する

チャットレディは個人事業主として扱われるので、青色申告を必ずしなければいけないと思っているかもしれませんが、白色申告をすることも可能です。

白色申告の場合、青色申告であれば受けられる青色申告控除は受けられません。
しかし、簿記の方法が青色申告よりも簡単で、お小遣い帳をつけるように、収入と支出を同じ欄に書く「単式簿記」という方法になります。
単式簿記では、専門的な簿記の知識は、ほとんど必要ないです。

簡単に帳簿がつけられる白色申告でも、経費を差し引くことはできます。
青色申告の控除を受けるよりも、とにかく簡単に確定申告を済ませることを優先したい人には、白色申告が最適だと思いますよ。

税務署で分からないところを聞きながら書類を作成する

確定申告の書類を作成する際、一人で悩みながら作成するより、税務署に行って、職員の方に相談する方法があります。

現在は、オンラインで確定申告ができる国税庁ウェブサイトの『確定申告書等作成コーナー』が主流になってきました。パソコンを使い、収入金額や所得控除などを入力していけば、確定申告の申告書類が完成するサービスなのですが、提出時に書類の不備で再提出になる方も少なくありません。

そのため、初めて確定申告をする方や、控除などについての説明を一度は聞いておきたい方は、税務署に話を聞きに行ってみることをおすすめします。
インターネット上のあいまいな情報よりも、信用のおける確かな情報が得られるので、安心して確定申告を済ませることができるでしょう。

お得になるチャットレディの確定申告のやり方

チャットレディの確定申告は、経費計上のやり方や控除について知っていれば、税金金額がお得になります。
報酬の合計金額のみをただ入力するだけで終わらせては、必要以上の税金を払うことになってしまっているのです。

課税対象となる課税所得金額は、一年で得た総所得金額から、必要経費と控除額を引いた金額になります。
課税所得金額が下がれば、次年度に支払う、住民税や所得税の金額を抑えることができるのです。

差し引くことができる、経費と控除にはどのようなものがあるか、押さえておきましょう。

チャットレディの必要経費

チャットレディが、必要経費として挙げられるものは、さまざまあります。

一番分かりやすいところでは、チャットで使うパソコン・マイク・Webカメラ・ヘッドホンなどです。
もし、在宅で仕事をするならば、家賃や電気代・インターネットの通信費も必要経費に該当します。
ただし、家賃は仕事で使う広さ分のみで、電気代・通信費などは、チャットの仕事中に使った時間分のみしか、経費にできません。

他には、チャットレディの仕事だからこそ経費にできる、ものもあります。
衣装代や化粧品購入費・ネイル代・美容院代など、見た目が大切なチャットレディの仕事においては、見た目に関わるこれらのものも、経費とすることが可能です。
カメラに映る背景の小物や、メモ帳・ペン・机・椅子といった消耗品や雑費も経費になります。仕事と私生活の両方で使うような化粧品や服などは、日数・時間を元にして、チャットの仕事で使う分を割合として算出し、その分のみを経費に加えることが可能です。

経費として認められるものの基準は、「チャットレディの仕事のための、出費かどうか」になります。
チャットの仕事時間以外でも使うものは、計算に注意して、正しく計上しましょう。

経費を計上する際には、注意点があります。
白色申告なら5年青色申告なら7年、購入した物の領収書や支払い明細などの保管が必要です。
領収書や支払い明細等がなければ、経費として認められません。

帳簿もきちんと付けなければいけないので、購入するごとに忘れず計上しましょう。
必要経費になるものを正しく計上すれば、課税対象となる所得金額を下げることができて、節税になりますよ。

控除を有効的に利用する

課税所得金額からは、必要経費と一緒に、控除も差し引くことができます。
控除の種類は、医療費控除や社会保険料控除・生命保険料控除・地震保険料控除・扶養控除などさまざまです。
正しく節税するためには、自分が対象になる控除をきちんと把握し、申請漏れをしないように注意しましょう。

チャットレディの収入を青色申告する際には、青色申告特別控除が申請可能です。
最大65万円の控除が受けられるものですが、条件に伴って、段階的に控除額が変化します。
白色申告と同じ単式簿記のままでも、10万円の青色申告特別控除を利用することが可能です。
複雑ではない簿記の方法で、大きな控除が受けられる点はかなり魅力的なのではないでしょうか。

青色申告特別控除を受けるためには、前もって、所得税の青色申告承認申請手続をすることが必要です。
これまで、雑所得としてチャットレディの収入を申告していた方は、開業する必要が出てきたり、事業所得に変わったりなど、変化が出てきます。
しかし、経費だけを計上するよりも、自分が利用できる控除も有効活用した方がお得になるので、一度は検討してみてください。

チャットレディがもっと確定申告のやり方を簡単にするには?

チャットレディがもっと確定申告のやり方を簡単にするには?

チャットレディの確定申告のやり方は、思ったほど難しくないことが分かったと思います。
青色申告での控除を受けないとしても、経費をきちんと付けるだけで、もらったそのままの所得金額を申告した時よりも、確実に節税が可能です。

しかし、複数の箇所から副業収入があったり、不動産所得がある方などは、疑問が他にも出てくるでしょう。
扶養に入っていて、住民税や所得税がいくら稼ぐと発生するのかは、個人の状況によって変ってきますので、ネットで情報収集するだけでは不十分な場合もあります。
初めての確定申告する時には、経費を按分するの計算方法に自信がないという人もいるでしょう。

このように、確定申告のやり方にまだまだ不安を感じる方は、一人で悩まず、チャットレディ代理店のサポートを利用することをおすすめします。
大手の代理店であれば、顧問税理士がいたり、確定申告サポート専門の部門があるケースも少なくありません。
チャットレディの仕事に理解がある人材がそろっているので、チャットの仕事ならではの、確定申告のポイントも熟知しています。
必要経費の按分についてや、身バレ対策のためのやり方まで、質問可能ですよ。

新宿のチャットレディ代理店Alice(アリス)であれば、チャットレディの仕事に理解のある顧問税理士がいます。
確定申告を始めとした、税金関係の相談に乗ってくれるので、安心してチャットの仕事に専念できるでしょう。

中には、副業としてチャットを始めようと思っており、給与所得をもらっている本業の会社に、秘密で報酬を得たいと考えている方もいると思います。
その場合、会社にバレない住民税の申告方法や、事業所得で申告せずに、雑所得として申告する方法など、チャットレディならではの確定申告の情報も教えてもらえるでしょう。

確定申告を面倒に感じて高収入を得る機会を逃すより、専門家を頼る方法も視野に入れてみてください。

2020年12月28日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP