稼げるチャットレディは常連の作り方のプロ?コツを大公開! | チャトレのお役立ちコンテンツ

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


稼げるチャットレディは常連の作り方のプロ?コツを大公開!

チャットレディの常連は作り方がある!コツを知れば高収入

稼げるチャットレディは常連の作り方のプロ?コツを大公開!

通称チャトレと呼ばれるチャットレディは、女性であれば誰でも簡単に高収入を稼ぐことができることで、今注目が集まっているお仕事です。誰でも簡単に稼ぐことができるというのは事実ですが、簡単だと思えるようになるまでは努力が必要です。コツさえ掴んでしまえさえ掴んでしまえば今まで手にしたことがないような月収を得ることができるでしょう。

報酬を稼ぐための方法はたくさんあります。その中でも常連の作り方を習得することはとても重要だと言えるでしょう。人気チャットレディは常連の作り方をマスターしています。チャットレディの常連の作り方はどんなものなのか、テクニックとともにご紹介していきます。

チャットレディの常連の作り方|基礎編

チャットレディの常連の作り方のコツは盛りだくさんです。たくさんのコツをマスターする前に、一番最初にやっておきたいことがあります。常連の作り方の基礎ご紹介していきます。

プロフィールで惹きつける

ライブチャットサイトに訪れる男性は、待機画面の映像を見てどの女の子と話すか選びます。その際に気になった子がいると、ほとんどの人がプロフィールの内容も一緒に見る傾向があるのです。プロフィールは必ず埋めるようにしてください。また、絵文字などを利用して女の子らしく仕上げるとログイン率もアップするでしょう。

男性が興味をもつようなプロフィールを作成することで、話に来てくれるお客さんの数もぐんと上がります。趣味などを書くとその話題に触れてもらえるので、会話も弾むようになりますよ。もちろん文章だけでなく、プロフィール画像も何枚かのせるようにしてください。その中で一番お気に入りの写真をトップ画像にしてみてくださいね。

初めてのお客さんに「また来たい」と思わせる

男性がチャットに入室してくれたら「また来たい」と思わせる必要があります。とにかく愛嬌がいい女の子はリピート率が高くなるでしょう。笑顔で話すこと、相手の話を興味深く聞いてあげること、しっかりと会話のキャッチボールを行うこと、あなたに会えて嬉しいということをしっかり表現することが重要です。また会いたいと思わせるためには、こちらもまた会いたいということをしっかり伝えていきましょう。カメラ写りも意識してみてくださいね。

リピーターには得点を用意する

常連になる前の段階、同じライブチャットサイトで何度か来てくれる人をリピーターといいます。そのライブチャットサイトだけの何度も来てくれる人です。そういったリピーターの男性会員には特典を用意しましょう。リピーターになるとこんなことをしてもらえるというような特典です。スケジュールを埋める際に、リピーターの人を優先的にするなどの工夫をするといいでしょう。

どんなライブチャットサイトでも訪れてくれる常連さんは、さらにいい特典を付けるといいかもしれませんね。アダルトであればリピーター、常連ごとに薄着になっていくというのもありでしょう。

チャットレディの常連の作り方|会話テクニック編

チャットレディの常連の作り方はまだまだたくさんあります。それでは会話をするときにどのようなことに気をつければいいのでしょうか。ご紹介していきましょう。

オウム返しで聞き役に

オウム返しという言葉を知っているでしょうか。相手と会話をしているときに、相手が言った言葉を復唱してちゃんと聞いてもらえてるという印象を与えることを指します。復唱の仕方は一歩間違えると馬鹿にしてるように聞こえるので気をつけてください。例えるならば、小学生の時に相手が言った言葉を何度も繰り返して真似をするという誰もが頭にきた行為です。

ちゃんと話を聞いてくれていると相手が思ってくれるようなオウム返しは、「○○なんですね。知らなかった!」といった返し方を指します。「えー知らなかった!」だけでもリアクションとしてはありですが、復唱することでしっかり理解してくれていると感じることができるでしょう。オウム返しをしてもらえると話しているほうも気持ちがいいので、どんどんしゃべってくれますよ。男性客を喋ってくれると自分も仕事がだいぶ楽になるのでぜひ試してみてください。

会話には「さしすせそ」を取り入れる

男性との会話の中には「さしすせそ」を取り入れるといいでしょう。

さ・・・さすが!
し・・・知らなかった!
す・・・すごい!
せ・・・センスがいいね!
そ・・・そうなんだ!

この「さしすせそ」は全て相手を褒めたり持ち上げたりする言葉であることがわかります。合わせて大きめのリアクションをすることで相手も気持ちよく会話ができるでしょう。

反応が薄い人と話していてもだんだんつまんなくなってしまいます。とにかく楽しい時間を作るということを意識してみてください。

共通の話題で距離感を縮める

人は共通の話題を見つけると嬉しくなる生き物です。女性は特にそういった感情が強いので共感できるのではないでしょうか。もちろん男性も共通の話題があると盛り上がります。例えば好きな食べ物を聞いて私も好きだと伝えれば、どの味が好きか、どこのメーカーのものが好きかなど話を広げることができます。趣味の話題でも同じです。

こういった共通の話題があると、男性に自分を印象付けることもできますし常連作りの鍵となってくるでしょう。共通の話題で盛り上がるためにもキャラ設定はしっかりしてください。住んでいるところなど本当の個人情報を書いてしまうと身バレに繋がるものなどは、フェイクの場所のリサーチを徹底するなどしたら後々楽かもしれませんね。

チャットレディの常連の作り方|メールテクニック編

チャットレディの常連の作り方は大変なように見えて、習得したら簡単になるものばかりです。男性と直接会話をしている時間以外にも工夫できることはたくさんあります。チャットレディとして送るメールもテクニックが満載です。ご紹介していきましょう。

文章に顔文字や絵文字を取り入れて女の子らしく

普段友達と連絡をとったりする際には、あまり絵文字を使わないという人も多いでしょう。さっぱりした文章でのやり取りが多いかもしれませんが、男性は絵文字や顔文字がない文章を見ると冷たい印象を受けてしまう傾向があります。男性相手の仕事として可愛らしい女の子を演じたメール作りを心がけてみてください。

ログイン前の営業メール、チャット後のお礼メールの際には絵文字や顔文字を可愛らしく使うということを意識してみてくださいね。

敬語とタメ口を混ぜて親しみやすく

初めて話す男性には基本的に敬語を使うというのが失敗しないコツになります。ため口を嫌がる人がいても、最初から敬語を使う人を嫌がる男性はなかなかいません。男性からため口で話してほしいと言われてからため口で話すのはいいでしょう。メールの場合は、敬語とため口を混ぜて文書を作成すると親しみが湧きます。

「今日は来てくれてありがとうございます♡○○さんの話しすっごく楽しかったなー!!また会いたい♡」

というように、敬語とため口が混ざっていると自分に心を開いてくれているように見えてくるのです。うまく組み合わせてみてくださいね。

文章は長すぎるとNG

短文すぎるメールも嫌われますが、長すぎるメールも読むのが面倒なので嫌われてしまいます。長文すぎるメールは飛ばし飛ばし読まれる可能性があるのでやめましょう。飛ばされた部分が次回のログイン予定だった場合、せっかくメールを送った意味が薄れてしまいます。また、最初のうちは返してくれていてもだんだん面倒くさくなって見てもくれなくなってしまうでしょう。

一言などの短文は避け、ちょうどいい長さのメールを作成するように心がけてみてください。大事なことは直接チャットで話せるように話題も残しておくことができますよ。要点をまとめる練習にもなるので試してみてくださいね。

チャットレディが常連の作り方をマスターしたいなら代理店登録!

チャットレディの常連の作り方は細かいコツがたくさんありますが、慣れてしまえばこっちのものです。慣れるまではとにかく意識して続けていくことが大事だと言えるでしょう。いずれ自然とできるようになるので根気よく頑張ってみてください。

そうは言われても、その最初が大変でくじけてしまいそうだという人もいるかもしれません。また、なんとなく理解していても実践がうまくできないという人もいるでしょう。そんな人には代理店登録をおすすめします。代理店にはスタッフがいるので、しっかりと常連を作るコツを教えてもらえます。自分が出来ていないことをリアルタイムで指摘してもらうことができるので、改善もして行くことができますよ。

代理店ならどこでも親身に相談にのってもらえるというわけではありません。しっかりとサポート体制の整った代理店を探す必要があります。ブログ記事のランキングで上位にあがっている口コミや評判の良い代理店であれば安心して働くことができるでしょう。その中でも、チャットレディAlice新宿はサポート体制がずば抜けています。

アリスは大手代理店なので人気チャットレディもたくさん輩出していて、稼ぐためのポイントがそろっています。女性スタッフもいるので安心して相談もできますよ。一人で悩んでいるよりも相談をすることで高収入への近道になります。少しでも気になったらアリスに電話してみてはいかがでしょうか。

2021年10月27日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP