私が考えるチャットレディで稼ぐコツ | 現役チャットレディからのアドバイス新宿版

ライブチャットレディ求人「Alice」

チャットレディ「Alice(アリス)」なら日払い・高収入の報酬が可能です。


私が考えるチャットレディで稼ぐコツ

チャットレディとして、私が行っている事が誰かのポイントになれたらいいなぁと思います。

 

私もチャットレディを初めた最初の頃は、ただチャットの世界にログインしてお客様がお写真とか、待機中の姿を見て、「この子と話したい!」と思ってもらえたら、お客様をつかむことができ、ポイントに繋がるとばかり思っていました。

でもそれは、新人という肩書があったからこそであり、新人マークが外れた瞬間から一人の営業マンとして稼がなければならないという事を知りました。

 

勿論、写真や待機中も大切であり、それは基本中の基本です。
でもそれだけでは、一回来てくださったお客様が、また戻ってきてくださることは稀です。
ただ楽しくお話すれば稼げるという訳でもなくて、次回に繋がるように営業しないといけません。

 

チャットの営業とは、いかにお客様の情報を入手して、それをどう生かせるかにかかっています。
この子ともう一度会いたい!次回もこの子と話したい!と思わせることができたら成功です。

 

私は昔キャバクラでのお仕事を約2年間していました。
だからといって、この話が為になるかは分かりませんが、最近チャットレディもキャバクラと同じだと思います。

短時間でお客様が何が好きか、どういう生活を送られているから何時頃にメールを送ると良いか。
日を改めてまたメールして、お客様に優越感を与える。
つまり、ネットの世界の彼女になる事です。
お客様の心のスキマを埋めてあげるのがお仕事です。

 

私は本職もしていて、時間もないし、元々記憶力もないので、最近はキャバクラでしていたように、ノートにその日一緒にチャットして下さった方のアカウント名を書いて、その人にいつ頃メールを送ったかや、その方のあだ名、
チャット中に知り得た情報を書くようにしています。

 

お仕事(チャット)が終わったらサイトに携帯からログインして、「今日はありがとうございました。」とお礼の文や、お話しした内容への返答、今日お話しした、私にしか分からない話の続きなどを送るようにして、彼女になりきってメールをしています。

少しずつですが、メールのお返事の量も増えてきて、「次回はいつ頃ログインされますか?」や「こんな僕にメールくれるなんてありがとう。今日はログインしてるよ。一緒にお話したいな。」

と言われたり、お客様との次回のお約束も出来るようになってきました。

 

昔の経験がこうやってチャットでお活かすことが出来るのは、正直周りの方より得だと私は思っています。
私もまだまだ、一人前じゃないし、試行錯誤の繰り返し中です。
ぜひ、皆様もノートや携帯のメモ帳を活用して、書き出して見て下さい!

新宿店 まなつ

2017年3月8日 カテゴリー: アドバイス

▲ PAGE TOP